健康で文化的な最高の生活

the highest standards of wholesome and cultured life.

好きなディズニーアトラクション トップ5

西尾維新大辞展」では作品の内容とは全く関係のない「好きなディズニーのアトラクショントップ10」なる項が冒頭からいきなり登場して思わず笑ってしまうわけです。
それに感化されたわけではないのだけれど(されてる)、自分もせっかくだしまとめてみようと思いまする。

5. ラジエーター・スプリングス・レーサーズ (アナハイム)

まずカーズランドに足を踏み入れた時の感動がすごい。
『カーズ』で観たラジエーター・スプリングスそのまんま!
「まさに映画の世界に入り込んだよう」というのはまさにこのことで、ここ以上にその錯覚を感じられる場所を他に知らない。
遠いとこどうなってんの。遠近法?
このアトラクションでもその驚きと興奮は続いていて、カーズたちが自然とそこにいるわ、彼らの目線でレースできるわで、乗ったら終始叫んでること請け合い。

4. ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー/ミッション:ブレイクアウト! (アナハイム)

トワイライト・ゾーン』のものや東京の「タワー・オブ・テラー」は"なるべくこっそり上げて、サプライズで落とす"スタイルでそれはそれのスリルや面白さがあるのだけれど、これは"上がる時も下がる時もハチャメチャやろうぜ!"というとてもガーディアンズらしくて最高にテンションが上がる。awesome
冒頭で曲がかかった時の盛り上がりはマジ最高。叫ぶ。

3. カリブの海賊/バトル・フォー・ザ・サンクン・トレジャー (上海)

このアトラクションに乗るためだけに上海に行きたい。
突然ジャック・スパロウになる骸骨、超リアルなデイヴィ・ジョーンズ、そして天地逆転シーンの迫力と、最先端技術が盛りだくさん。
計算しつくされた視線誘導も本当にすごい。
初めて乗った時はあまりのすごさと驚きに終始叫んでた。
何回だって乗りたい。そして何回だって叫ぶ。

2. ミート・ミッキーマウス・アット・タウンスクウェア・シアター (フロリダ)

ミッキーと喋れるなんてこれ以上に幸せなことがありましょうか(いや、ない)。
あんまり"アトラクション"という感じではなくグリーティング施設ですが。
瞬きもし、口を動かして本当に会話してくれるミッキーがそこにいるという幸せは他の何ものにも代えがたいものがある。
ミッキーが視界に入った段階でもう泣いてます。
もうトーキングじゃなくなってしまったのが悲しい。

1. キリマンジャロ・サファリズ (フロリダ)

こちらもあんまり"アトラクション"っぽくはないアトラクション。
朝イチで並んで乗り、事前に取っておいたファストパス+で乗り、そして時間帯をずらしてまた乗りにくる。
これだけたくさん本物の動物を見られる場所なので当然乗るたびに得られる経験が違っていて、それはまさにディズニーパークに通じるもののようにも思う。
大きくて派手な動物に目が行きがちだけど、その横にしれっと佇んでいる謎の鳥とかを見るのも楽しい。



あ~~~~~~~~~~全部毎日乗りたい。

『スパイダーマン:スパイダーバース』最高

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』(原題:Spider-Man: Into the Spider-Verse)がはちゃめちゃに面白かった。

www.spider-verse.jp

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が公開されると知った時

またマニアックなものを……。
こんな映画、観にいくのはコアなマーベル(それもコミックの)ファンだけだろうな。
自分もこれはスルーだな。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』が公開された後

なんか意外と話題になってるな……。
でも、ペニー・パーカーがオタク界隈にウケてるとかスパイダーハムが手塚治虫ヒョウタンツギに似てるとか、思わぬ層で局地的に盛り上がってるだけでしょう。
とはいえ、ちょっと観にいってみようかな。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』を観にいった後

この映画、完璧だ……。


というわけで、まんまとお手本のような釣られ方をしたけれど、悔いなしの圧倒的面白さで虜になりました。

終始飽きさせない演出の工夫と、本当の俳優たちを観ているかのようなリアルな演技は、アニメーションというものの到達点を目撃したかのよう。
実写の格好良さを再現しながらも、実写ではどうしてもできないような部分はアニメーションの良さを最大限活かす。
「映画、全部これで良くない?」とふと思ってしまうほどの完成度でした。
街へのダイヴシーンの、カメラワークの格好良さよ……。

「そうは言ってもスパイダーマンの知識がないと楽しめないのでは?」という疑問には、決してそんなことはないという答えを。
あくまで主軸のストーリーは主人公マイルス・モラレスの等身大の葛藤と成長譚という王道なものが描かれているので、誰もが理解しやすく楽しめるもの。
もちろん知識があればその分楽しめるポイントも多いことと思うので、オタク向けにもそうでない層向けにもちゃんと刺せるという素晴らしい形。
とにかくみんな観にいこう。

そしてパンフレットもお薦め。
インタビュー、設定、アートと読み応えたっぷりで力の入った、買って損なしのものでした。
あ~~いい映画観た。

好きなディズニーパーク ベスト5

世界に点在するディズニーリゾート。
「生きているうちにいつか全部行けたらいいな」とぼんやり思っていたら、幸運が重なったこともあって気付けばちゃっかり全部に行っていました。

「どこが一番楽しい?」的なことをよく訊かれるので、個人的なベスト5をまとめてみます。
ただし、あくまで“個人的に好きな”ベスト5ということで、どこが楽しいかと訊かれればそりゃ全部楽しいと答える。
それぞれのパークに、それぞれの良さがある。

5. ディズニーランド・パーク (アナハイム)

世界で最初のディズニーパーク。
ウォルト・ディズニーもこの場所を歩いたんだな」
「ここがウォルト・ディズニーが夢見た場所なんだな」
この地に足を踏み入れるだけで、そんな考えが浮かんできて目頭が熱くなる。
そして涙がこぼれないようにと見上げた先には、ランプが灯る消防署の2階の部屋が。
一日でそれなりに回れるスケール感も、歴史を感じるいい意味でのレトロ感もちょうどいい、来られた喜びを噛みしめるのが楽しいパークです。

4. 香港ディズニーランド・パーク (香港)

日本から一番近くて行きやすい海外パークは、キャラクターたちとたくさん出会える楽しいパーク。
レアキャラあり、レアコスあり、ペアグリありと天国感がすごい。
割と長めに触れ合えるのも天国。
グリーティング以外でも、オリジナルのアトラクションは楽しいし、料理もおいしいし、かわいいTシャツはたくさん売ってるしで、ユニークかつ高パフォーマンス。

extra. アウラ

トップ3の前に、ディズニーリゾートだけどディズニーパークを持たないハワイのアウラニを番外編で。
ここはパークがなくたっていつまでもいられる、まさに地上の楽園。
「のんびりする」「何もしない」という一番の贅沢が叶う、これぞリゾート。
“ここにいる”ということそれ自体が最高のエンターテインメントです。
マイホーム。

3. エプコット (フロリダ)

各国のパビリオンが建ち並ぶワールド・ショーケースをぐるっと1周すれば、それはもう世界を1周したも同然。
世界各国の眺めを楽しみながら世界各国の街並みを歩き、世界各国の食べ物を食べて、世界各国のモノを買う。
そんなことができるのはこの場所をおいてほかにないんです。
そんな世界で唯一の場所、好きにならないわけがない。

2. 東京ディズニーシー (東京)

もう何度足を運んだかわからない、心のふるさと。
「どんな時でも、これがあれば大丈夫」という何かを持っていれば人は強くあれますが、自分にとってはこの場所がそれ。
時代も場所も想像も超えて冒険し、いつだってイマジネーションをかきたててくれるこのパークが、日本にあって良かった。

extra. ディズニークルーズライン

トップの前の番外編もう一つは、“動くディズニーパーク”にして“全てのディズニーファンが最後に行きつく場所”、ディズニークルーズ。
ここでは楽しいことしか起こらない。
携帯電話の電波も入らない場所でどっぷりバケーションに浸かれる、一度行ったら決して忘れることのできない場所。

1. ディズニーズ・アニマルキングダム・テーマパーク (フロリダ)

トップは動植物あふれる、世界で唯一無二の雄大なパーク。
直接的なディズニー色の強さはあまりないけれど、これを実現させてしまうそのパワーこそがディズニーらしさの表れのように感じる。
どのパークであれ、訪れるたびに新たな発見があるのがディズニーパークの楽しいところだと思うが、このパークはその魅力が最も強く光っている。
生命に飽きなど存在しないのである。


そんな感じでした。
ここに挙げなかったパークも当然めちゃくちゃ楽しいし、とてつもなく好き。
ランキングはあくまで、“しいて順序をつけるなら”でお送りしました。
あ~~1年休んで巡る旅をしたい。

ブログ始めてみる

幾度もしてみむとて失敗してきたブログといふものを、突然してみむとてするなり。

土佐日記』の書き出しを真似たブログのスタートってこの世にいったいどれだけあるのだろうと思いつつ、今度こそ書き続けられるといいなと願って始めます。

と始めてから結局放置になっていたブログを、新学期になったということで心機一転、何度目かわからないがまた始めたいと思い立つ。

思えば自分は、何かをしようと決めるのは好きだがそれを達成できないことがほとんど。
毎年チャレンジだけは続けている本100冊・映画100本・漫画365冊もそうだし(2019年は3月までで本12冊・映画9本・漫画35冊とひと月分程度の達成率)、毎日1万歩以上歩こうというのもそう(大抵7000歩程度止まり)。
そもそも、新学期になったらブログを今度こそ再開しようと思いつつ既に4月2日である。

とまあ今回も結局長く続かないかもしれないけれど、それでも始めなければ続けようもない、始めることに意味があると信じて、今回もゆるゆると布団から這い出ます。