読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

コンスゥム

好きなことを、好きなだけ消費する生活。

2017年3月まとめ

【100冊・100本・365冊】計画2017、3月のまとめ。

2017年3月は本4冊・映画3本・漫画8冊。
ここまでの合計は本17冊・映画19本・漫画35冊。

今月の目標は本8冊・映画8本・漫画29冊だったので、
今月の目標達成率は33.3%。
全体の達成率は現段階で12.6%

3月の(そしてこれまでの)読んだ・観た本・映画・漫画↓から。

100冊・100本・365冊 - コンスゥム


2月の(低い)ペースを維持。
先月に引き続きテレビドラマやストリーミング番組に時間を取られ、
平日は仕事がふんわりと忙しかったので巻き返しならず。
というか3月の特筆すべき記憶があんまりない。
4月から新年度2017年度。
心機一転もりもり頑張りたい。

以下、今月の個人的ベスト。
なお"今月の"はあくまで自分が今月に読んだ・観たというだけで
発売日や公開日とは関係ありません。

【本】 

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

ピクサー流 創造するちから―小さな可能性から、大きな価値を生み出す方法

 

ずっと読みたいと思っていた本をようやく。
ビジネス書としてもかなり優れているけれど、
この本でやはり強烈に印象に残るのはスティーヴ・ジョブスの描写。
登場シーンからその存在感は圧倒的。
「色々なメディアで語られる彼は本当の姿ではない」と書かれているが、
良い意味で破天荒な生き様は語られている以上。
しかし、その描写からは著者のジョブスへの信頼と愛情が
しっかりと伝わってくる。
終盤のジョブスが亡くなるところでは思わず号泣してしまった。

【映画】

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>

モアナと伝説の海 オリジナル・サウンドトラック <日本語版>

 

なかなか評価が分かれているみたいだけれど、すごく良い映画だった。
'90年代の第2期黄金期のディズニー・アニメーション映画に対する
敬意がたくさん詰まった作品でした。
それでいて古臭くならず、しっかりと現代の物語として描かれている。
さらに、音楽が素晴らしい。
個人的には『You're Welcome』と『Shiny』をずっとリピートしたいくらい。
どうしても『How Far I'll Go』に注目が集まってしまうけれど、
本当に全曲素晴らしい。

【漫画】

なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)

なんでここに先生が!? (ヤンマガKCスペシャル)

 

エロコメ
方向性としては『To LOVEる』と同じなんだけれど、
なんだろう、この絶妙に品が良い感じは……。
シチュエーション設定からのラッキースケベ連発話というスタイルの
最終進化系はここにあり、といった具合。


以上。
4月の目標は本7冊・映画7本・漫画28冊。