健康で文化的な最高の生活

the highest standards of wholesome and cultured life.

好きなディズニーのアトラクション トップ5

西尾維新大辞展」では作品の内容とは全く関係のない「好きなディズニーのアトラクショントップ10」なる項が冒頭からいきなり登場して思わず笑ってしまうわけです。
それに感化されたわけではないのだけれど(されてる)、自分もせっかくだしまとめてみようと思いまする。

5位:ラジエーター・スプリングス・レーサーズ (アナハイム)

まずカーズランドに足を踏み入れた時の感動がすごい。
『カーズ』で観たラジエーター・スプリングスそのまんま!
「まさに映画の世界に入り込んだよう」というのはまさにこのことで、ここ以上にその錯覚を感じられる場所を他に知らない。
遠いとこどうなってんの。遠近法?
このアトラクションでもその驚きと興奮は続いていて、カーズたちが自然とそこにいるわ、彼らの目線でレースできるわで、乗ったら終始叫んでること請け合い。

4位:ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー/ミッション:ブレイクアウト! (アナハイム)

トワイライト・ゾーン』のものや東京の「タワー・オブ・テラー」は"なるべくこっそり上げて、サプライズで落とす"スタイルでそれはそれのスリルや面白さがあるのだけれど、これは"上がる時も下がる時もハチャメチャやろうぜ!"というとてもガーディアンズらしくて最高にテンションが上がる。awesome
冒頭で曲がかかった時の盛り上がりはマジ最高。叫ぶ。

3位:カリブの海賊/バトル・フォー・ザ・サンケン・トレジャー (上海)

このアトラクションに乗るためだけに上海に行きたい。
突然ジャック・スパロウになる骸骨、超リアルなデイヴィ・ジョーンズ、そして天地逆転シーンの迫力と、最先端技術が盛りだくさん。
計算しつくされた視線誘導も本当にすごい。
初めて乗った時はあまりのすごさと驚きに終始叫んでた。
何回だって乗りたい。そして何回だって叫ぶ。

2位:ミート・ミッキーマウス・アット・タウンスクウェア・シアター (フロリダ)

ミッキーと喋れるなんてこれ以上に幸せなことがありましょうか(いや、ない)。
あんまり"アトラクション"という感じではなくグリーティング施設ですが。
瞬きもし、口を動かして本当に会話してくれるミッキーがそこにいるという幸せは他の何ものにも代えがたいものがある。
ミッキーが視界に入った段階でもう泣いてます。

1位:キリマンジャロ・サファリ (フロリダ)

こちらもあんまり"アトラクション"っぽくはないアトラクション。
朝イチで並んで乗り、事前に取っておいたファストパス+で乗り、そして時間帯をずらしてまた乗りにくる。
これだけたくさん本物の動物を見られる場所なので当然乗るたびに得られる経験が違っていて、それはまさにディズニーパークに通じるもののようにも思う。
大きくて派手な動物に目が行きがちだけど、その横にしれっと佇んでいる謎の鳥とかを見るのも楽しい。



あ~~~~~~~~~~全部毎日乗りたい。