健康で文化的な最高の生活

the highest standards of wholesome and cultured life.

遅めの夏休み2018 DAY1

いつか行けたらいいなとずっと思っていて、去年ついに初体験できたディズニークルーズ。
それが楽しすぎて、帰ってきて即、次のクルーズを予約したのでした(船上で次の予約をした方が10%引きとか色々あるけど、さすがに予定調整の必要があったのと現地で英語手配する胆力はなかった)。
そんなわけで、遅めの夏休みで人生2度目のディズニークルーズ!

人生で一度、それも何かの節目で行くぐらいだろうと思っていたけれど(現に去年の初DCLは新婚旅行)、こんなにも早く何の記念でもなく行くことになるとは……。
いいぞもっと気軽に行きたい。

ディズニー・マジック号でニューヨーク発の4泊ハロウィーン・クルーズに行ってきました。

出発

今回はJAL、東京羽田→ニューヨークJFKの直行便で現地へ。
羽田から行き来できるのは距離・時間的にも金銭的にも本当に便利。
加えて羽田空港国際線ターミナルは楽しい。
それに(今回は別ルートで行ったけど)羽田へは東京モノレールに乗れるのが嬉しい。ビルの間を縫うように進み、海の上を走る景色を眺めていると旅に出るなあという気持ちになっていくのです。

ちなみに運良く(?)搭乗機は錦織圭特別塗装機「JET-KEI」でした。

搭乗

飛行機内での過ごし方。
機内で寝ておいた方が到着してから楽だとは理解しつつも、せっかくの旅がなんだかもったいない気がして寝られない。ならばこういう機会に読書でもしようと思って本を持ってくるも、大抵いつもバッグから出すことすらなく荷物の量を増やしただけでそのまま持って帰ってくる……。
じゃあ何をしているかというと、大体映画を観すぎちゃう(そして頭痛)。

今回は映画3本+TV番組いくつかを鑑賞。
『アンクル・ドリュー』……日本公開前の作品を観られた喜び! ペプシのCMが映画化というまさかの作品で、現役&元NBA選手たち大勢出演という不思議映画。ネタ映画だと思ってたけど、思いのほかちゃんとしていた。でも、アンクル・ドリュー(カイリー・アーヴィング)がプリーチャー(クリス・ウェバー)に「もうタイムアウトは使い切ったから取るなよ」と脈絡なく注意するシーンは結構なバスケファンじゃなきゃ意味わからんだろ!(笑)*1 しかし、日本で公開しても上手くいかなさそうな作品である……。
『Tag』……こちらも日本未公開。大人になっても本気で鬼ごっこを続けている男たちの、実話を基にした映画。バカバカしいながら楽しいコメディ、妙に気合の入ったアクション、意外にもちゃんと練り込まれた感動的なエピソード。良い映画だった。エンドクレジットで流れた、モデルとなった実際の人たちの鬼ごっこの様子が微笑ましくて良い。
15時17分、パリ行き……これも実際の出来事を映画化したもの。トレインジャックを阻止した人物たちのエピソードを、まさかの本人たちが再現演技するというもの。話題になっていたものの観られずにいた作品だったので観られて良かった。内容はドキュメンタリー感が強くて、フィクション映画作品のつもりで観るとちょっと物足りない(実際に事件に遭われた方々には申し訳ないが……)。

JALはエコノミーでも座席間が広くて快適。
映画3本観てもつらくない!

機内食

そしてJAL機内食が美味しくて楽しい。

うきうき機内食
開けるとこんな感じ

「RED U-35~若き料理人たちによる機内食~」なる35歳以下の料理人コンペとコラボしたメニューで、歴代ファイナリストたちプロデュースの料理で構成。
路線によっては賛否両論の笠原シェフやL'Effervescenceの生江シェフ監修メニューもある模様。めちゃくちゃ食べたい……。
選べるメインディッシュはハヤシライスをチョイス(ちなみにもう一方は車麩と鶏肉の玉子とじ丼)。サイドディッシュは野菜とチーズのオムレツ白身魚胡麻酢和え。デザートは濃厚なチョコレートムースとフランボワーズソース
料理人とメニューが載ったリーフレットも一緒に配られて楽しい。
食事に楽しさは大事。

カロリーの化物
こちらは間食でもらえるマヨツナブリオッシュ
パッケージに書かれたカロリーを見て驚く。

AIR YOSHINOYA
だし醤油たまごも唐辛子も紅しょうがも全部乗せ

そして到着前には吉野家コラボのAIR吉野家
自分で牛丼を作れて(といっても乗せたりかけたりするだけ)楽しい!
しかもほかほか美味しい!
以前、これで初めて牛丼を食べた嫁が感動していたけれど、それも大げさではないと言えるぐらいちゃんと美味しいです。

いつもいる子

ところでJAL機内食のトレーにいっつも載っているこの子。
味噌汁を入れるのか? と思えば味噌汁は紙コップで出されるし、食後の緑茶が注がれるのか? と思えばそれも紙コップ……。ハーゲンダッツを固定するだけの器……? と、いつも疑問に思いつつ使われることなくトレーと一緒に下げられていて永遠の謎食器。
今回もこの子いるなーと思っていたら……!

ててーん!

初めて使われた! 紅茶を注がれた!
やっぱり飲み物入れる子だったのね!
でも、今まで紙コップで紅茶を出されたことの方が多いのだけれど、この子を使う時とそうでない時の差は何なんだろう……?
別の謎が生まれた。



というわけで移動日なDAY1でした。
DAY2へ続く……。

*1:※クリス・ウェバーミシガン大学時代、接戦だった全米決勝戦の試合終盤でもう残っていないタイムアウトを要求してテクニカルファウルを取られた。これが原因でミシガン大は全米制覇を逃している。